製品紹介
製品紹介のページにもどる
耐火物
特徴 1.各種熱処理を行うときの治具・容器として使用されています。
2.棚板、ツク(支柱)、セッターなど様々な形状品を作製可能です。
3.製品は圧力鋳込みで作製しますので、表面が滑らかです。
4.複雑形状にも対応可能ですが、成形方法の性質上、肉厚は15mm程度が一般的です。
5.用途に応じて3種類の素地から選択してください。
製品写真

穴あき波

板物

大型複雑形状品

容器・匣鉢・るつぼ

小型形状品
ブリヂストンが開発した、これまでの概念を破る大きな空孔率を有する新素材
構造的特徴 空孔率が高く(80〜90%)、連続気孔の三次元骨格構造であるため、低い圧力損失で高いフィルター性能が得られます。
見掛比重(0.35〜0.60)が小さく、軽量です。
表面積が大きいので高い接触反応効率が得られます。
材質的特徴
耐熱性に優れています。
耐薬品性に優れています。

各種形状
製法的特徴 円柱、円筒、その他各種形状も生産可能です。
種類 1.材質
標準材質…コージュライトとアルミナのブレンドタイプ。
その他材質についてはお問い合わせください。※活性アルミナコーディングも可能です。
高気孔率球状セル構造セラミックス多孔体
サブミクロンからミリサイズまでの球状セルが無数に連通
多孔体は、廃水・上水等の浄化、産業用水・エアー等の精密濾過、医薬・化粧品分野での除菌、溶液・食料・飲料等の精密濾過及びガスの分離等、幅広い分野で必要とされます。

この種の多孔体としては、金属或いは有機高分子を素材としたものがよく知られています。しかしながら、それらは耐食・耐熱性等に劣るという欠点があります。

このたび株式会社成田製陶所では、セラミックスの優れた熱的化学的安定性に加えて、連通した無数の球状セルから成る“高気孔率球状セル構造セラミックス多孔体”を開発しました。これまでの多孔素材の概念を破る均一な泡状気孔の高気孔率セラミック多孔体です。

製品紹介のページにもどる